冬も油断せずに体臭対策をしなければならない理由

夏場は確かに気温の上昇で汗を大量にかき、そのまま放置して制汗や消臭など対策を何もしないでいると電車などで他のひとに不快を感じさせてしまうほどの体臭になってしまう事はあります。
しかし実は油断せずに体臭対策をしておかなければならないのは冬です。

 

これはコートなどの防寒着で厚着になることにより、分泌された汗が蒸発したものが篭もりやすくなるからです。冬の体臭対策をしなければならない代表が女性のブーツなどの防寒性の高い靴でしょう。足はとても汗かきです。その上お気に入りの靴になると毎日使用することもあるでしょう。汗とは本来無臭で、それが皮膚の上で皮脂や雑菌と混ざり嫌なニオイを発するようになるのが体臭の正体といわれます。

 

つまりかいた汗とは放置してはいけないのです。なのに冬場に同じ靴を使い続けると、ある日他のひとの前で脱いだ時にニオイで恥かしい思いをしてしまいます。

 

足のニオイ対策としては同じ靴を使い続けないことと、定期的な除菌や抗菌グッズを使用、通気性のいい場所で干すなどです。こもった水分を取りたいなら古新聞紙を丸めて詰めたり、乾燥剤を入れておくと効果的でしょう。
また入浴時は足も指の間や裏まで丹念に洗うようにします。清潔でいることは体臭対策の基本です。

 

暖房が強くなる冬の時期はふと上着を脱いだりした際に篭もっていた体臭が強調されてしまう事もあります。脇のニオイ対策は一年を通して行うのが望ましいでしょう。

 

インナーを通気性のいい素材のものにしたり、入浴の際は必ず湯船につかるなどして老廃物を体に溜めないことも大切です。他にも肉中心、アルコール多めの食生活を野菜多めのメニューや和食に見直すことで体臭そのものを内側から和らげることが出来ます。また冬の衣服はコートなど簡単に自宅で洗えないものが多いですがそれでも消臭、抗菌ケアでニオイを抑えることは出来ます。スプレータイプやアイロンなど使いやすいものを選びましょう。