嫌な臭いを出す原因は汗に皮脂や垢が混ざって発生する

あなたは周りからさけられていると感じたことはありませんか?
電車やバスに乗った時に周囲にいやな目で見られて不快な思いをしたことはありませんか?

 

それは体臭が原因かもしれません。しかし、自分の体臭というのはどんな匂いなのかわかりにくいものです。体の部位で自分の体臭に近い匂いを出している箇所は耳の裏側であると一般に言われています。試しに自分の耳の裏側のにおいを指でさすって嗅いでみましょう。もしくは、自分が一日身に着けていた服の臭いを嗅いでみるのもいいかと思います。このときに嫌な臭いだなと感じた方は自分の体臭を改善するべきだと思います。

 

では、嫌な臭いを出す原因は汗に皮脂や垢が混ざって発生します。汗自体は無臭で汗をかきっぱなしの状態のまま放置すると嫌な臭いに変化してしまいます。

 

ですので、汗をかくことは体温を調節する役目や体の中の毒素や老廃物を外に出すためにも大事なことです。適度に運動をしてどんどん汗をかいて体の内側から健康にしていくべきです。問題なのは汗をかいた後でタオルやハンカチで丁寧にふき取ることが重要です。軽く水分を含ませるとなお良いと思います。当たり前ですが常に体を清潔に保っておくことを心がけたいものです。

 

また、体臭は衣服にしみ込んだ体の汗や垢,皮脂が混ざって細菌がどんどん繁殖してしまうことでも起こりえます。100円ショップなどでも衣服にしみ込んだ臭いをとるためのグッズは売っていますので探して使ってみることをお勧めします。体だけではなく衣服まで気がまわるようになればより良いと思います。

 

他にも、食生活から体臭をケアしていく方法もあります。やはり、肉中心の食生活を送ってしまうとその分皮脂も過剰に分泌してしまうのでよくありません。できれば、野菜中心の生活をおくったほうが血行も良くなり、体臭も軽減することができます。

 

 

年を重ねるにつれて体臭はきつくなるといいますが、それも努力次第では軽減することが可能です。適度な運動をして汗を流すこと、そしてその流した汗はこまめにふき取ることです。常にタオルやハンカチは携帯しておきましょう。女性はこのことがおそらく本能的に理解している人が多いので体臭が気になる人が少ないと思われます。男性もエチッケトとして体を常に清潔に保っておくことを意識するべきだと思います。このことが身についている男性は周りの女性からも好感の目を向けられると思います。