出会いがゼロというわけではないのに、なぜ恋愛に発展しない

恋人がいない人は「出会いがない」「異性が周りにいない」ケースが多い事でしょう。

 

しかし中には、合コンに行ったり、異性と食事に行ったりと出会いがあるにも関わらず
特定の相手を見つけられない人もいます。

 

私の身の回りでも、「合コンは何度か行ったけど、良い人がみつからないから止めてしまった」
「連絡先を交換して一度デートしたけど、何も起こらず、フェードアウト」といった話をよく聞きます。

 

出会いがゼロというわけではないのに、なぜ恋愛に発展しないのでしょうか?
恋人ができない人が以下のようなチェックポイントに当てはまる場合は注意が必要です。

 

合コンや初めてのデートで必死になりたくない

 

異性との出会いの場所では、自分がどのように見られるか心配するもの。

 

前のめりで参加して、異性に引かれたくない…。と心配するあまり、素っ気ない態度を取ってはいないでしょうか。
しかし異性の反応が気になるのは、相手も同じ。

 

あまりリアクションが薄いと「自分には興味がないんだろうな」と判断されかねません。出会いの場では意識的にリアクションを大きくするなど、相手を安心させる工夫が必要です。

 

デート中も相手と距離を置いてしまう

 

せっかく食事などに出かけても、よそよそしい雰囲気のまま終わってしまう事はないでしょうか。

 

単に相性が悪かっただけなら仕方がありませんが、個別に会っている時点で相手も少なからず好印象を抱いているはずです。

 

初めてのデートは特に、緊張する場合もあるでしょうができるだけリラックスした状態で臨んだ方が、相手も打ち解けてくれるでしょう。お互いざっくばらんに話してみると、案外気が合って、そこから恋愛に発展する事もあるかもしれません。

 

何度チャレンジしても、恋愛に発展しそうな人が見つからない

 

合コンに参加したり、紹介を受けたりしても「好きになれそうな人が見つからない」ケースも多いでしょう。

 

良い出会いがないのだから仕方がない、と諦めてしまいがちですが出会いの場で、最初から自分の良さを100%出し切ることは難しいものです。「ピンと来ない」と選択肢から除外してしまった相手が、実は素敵な人かもしれません。

 

また、あまり場慣れしていない人であれば、出会ってから数回のデートはつい、緊張から普段の自分を出せないケースもあるでしょう。嫌いなタイプでなければ、数回はデートしてみて相手の好きになれそうなポイントを根気よく探してみると、思わぬ収穫があるかもしれません。

 

恋愛に発展する異性と出会うのは、なかなか簡単なことではありませんが諦めず、いろいろな人と接していくことが大切ですね。