ニキビ跡が気にならなくなる、皮脂の分泌が抑制されるAPPS

皮脂が多いのに乾燥傾向にあるオイリードライ肌に必要な美容成分は、まず皮脂を抑制したり毛穴のケアをするための成分としてビタミンC誘導体が効果的です。

 

ビタミンC誘導体にはいろいろなタイプがありますが、APPSと呼ばれているタイプのビタミンC誘導体は、安定した状態で肌に浸透させることができるメリットがあります。
APPSは、水にも油にも相性がよい特徴があるため、様々な化粧品に添加することができる点も利点と言えます。

 

APPSが含まれた化粧品を毎日使い続けることで、毛穴が小さくなったりニキビ跡が気にならなくなる、皮脂の分泌が抑制されるといった効果が期待できます。
美容液や手作りの原液は美顔器を使ったケアにも利用できます。

 

美顔器を利用したケア

 

美顔器を使用したイオン導入は、美容成分をより効率よく肌に浸透させる働きがあります。
肌の乾燥が気になる場合は、ヒアルロン酸やプラセンタが効果的です。

 

特にヒアルロン酸は、少量で大量の水分を抱え込むことができる成分で、高級な美容液などにも配合されています。
プラセンタも肌の乾燥を防ぐ働きがありますので、どちらもニキビやオイリー肌の負担になることなく肌を潤すことができます。

 

油分も時には必要です

 

オイリー肌やニキビができやすい肌には、油分の入ったクリームや乳液はあまり必要ありませんが、少量を薄くのばしておくことで余分な皮脂が浮くのを防いだり、肌のバリア機能を高めたりする役割が期待できますので、シアバターや馬油など、肌に親和性の高い油脂を少量使うのはオイリードライ肌に効果的です。

 

必要な栄養はサプリメントで

 

オイリードライ肌で肌トラブルが気になるときは、内側からのケアも有効です。

 

ビタミンBやCは特に肌を健康に保つために有効と言われている成分ですが、中でもビオチンは肌の健康の維持に必要な成分として注目されています。
ビオチンは、ビタミンの一種ですがビタミンCや整腸剤と一緒に摂取することでニキビや肌荒れを防いだり、髪や爪を健康に保つことができます。