元気な赤ちゃんを産むためのコツ

良い赤ちゃんを生むための概ねかついくつかの秘訣を教えたいと思います。

 

良い赤ちゃんというのは、元気が横溢(おういつ)で健康的な赤ちゃんのことを指します。

 

赤ちゃん

 

せっかく妊娠したら元気な赤ちゃんを出産したいものだと、どの妊婦でも思うはずです。そう成し遂げるためにもこの文章を作成しました。まず良い赤ちゃんを出産するには葉酸という栄養を取ることです。妊娠初期にはビタミンBが必要といわれています。

 

葉酸には様々なビタミンBが含まれており、赤ちゃんの育成に大きく寄与することでしょう。

 

また、葉酸が不足すると神経管閉鎖障害や胎児神経管奇形といわれる先天的障害を引き起こしてしまうので極めて重要です。葉酸の必要量は一日に0.4mgといわれ、同じ栄養素で摂取できるレバーや緑黄色野菜350gに匹敵します。

 

次に妊娠中は絶対に避ける鉄則についてです。

 

 

例を挙げると、妊娠中に催奇形性な薬は摂取しないことです。催奇形性の薬を飲むと、文字通り先天的に身体の部分が欠損した奇形児が生まれてしまうので絶対に御法度です。他にも放射線の被曝、感染症にかかると同じく奇形児が生まれてしまいます。

 

 

要するに妊婦さんは健全かつ健康な体を保たなければならないということです。

 

放射能を浴びた危険性がある、風邪をひく、熱が出たなどの病状または病気にかかった場合は迅速に病院に足を運び受診を心がけ対策を講じましょう。続いて運動についてです。妊婦は運動をしても問題ないかといいますと、時と場合によります。

 

厳密に言えば、原則として軽い運動なら特に問題はないです。

 

ですが、妊娠初期から4週間後は要注意です。赤ちゃんが熟成機に突入しているため、激しい動きのあるスポーツを行うと流産が起こりやすく大変なことになってしまいます。不安な方はできれば安静にしておきたいところです。

 

最後に、睡眠をよく取ることです。

 

睡眠を取らなければ体調不良をきたし、栄養を送っている赤ちゃんにも当然支障をきたします。妊娠中の睡眠時間は8時間以上取るのがベストです。また、寝るときの体制は側臥位の体制を保ち、上側の膝を前方の床につけるシムスと呼ばれる体位が良いと言われ、これを行うと子宮の血流が多くなり、赤ちゃんに良い影響を与えると言われています。